Zeiss Contax - Leica M

旧コンタックスマウントのレンズをM型ライカに装着し、距離計連動で使用出来ます。
その距離計連動の精度には定評がございます。

SEwbx

このアダプターと各種レンズとの互換性は、以下の通りです。

 レンズ名  互換性
 Biogon 21mm F4.5  ×
 Topogon 25mm F4  ×
 Tessar 28mm F8 (距離計非連動)  ◎
 Orthometar 35mm F4.5  ○
 Biometar 35mm F2.8  ○
 Planar 35mm F3.5  ×
 Biogon 35mm F2.8 戦前  ×
 Biogon 35mm F2.8 戦後  ×
 Sonnar 50mm F1.5  ◎
 Sonnar 50mm F2  ◎
 Tessar 50mm F2.8  ◎
 Tessar 50mm F3.5  ◎
 Sonnar 85mm F2  ◎
 Triotar 85mm F4  ○
 Sonnar 135mm F4  ◎
 Tele-Tessar 180mm F6.3  ◎

 ◎ 使用可(ライカM3、M4の実機にて確認済み)
 ○ 使用可との情報有り
 × 使用不可

 販売価格:¥36,500(税込)


※上記の情報は、互換性を保証するものではありません。
 レンズの製造年代による寸法差等により、稀に装着できない場合がございます。
※Tessar 50mmなど沈胴式のレンズは、使用状態での装着は出来ますが沈胴は出来ません。
※M型ライカに装着時は50mmのブライトフレームが出ます。
 その他のレンズにはセレクターの手動操作か、外付けファインダーをご使用下さい。

SEatc

・Amedeoアダプターのこだわり

 他社の旧コンタックス用アダプターは、ライカLのスクリューマウント用に作られたアダプターを、LMリングと併用してMマウントとするスタイルの物が殆どですが、この方式は、スクリューの止まり位置のズレにより、距離計連動精度に問題が出やすいのと、レンズとアダプターの着脱時に、スクリューマウント側が不用意に回ってしまう等、使用上の不便な点もあるため、Mマウントのカメラにお使いになるなら、最初からMマウント専用のアダプターが良いでしょうというのが Amedeo氏の持論です。
 また、上記Lマウント式アダプターのメーカーは、LMリングの使い分けにより、M型ライカのファインダーフレームを切り替えられるという利点を謳っているようですが、そもそも、後玉が張り出した広角レンズの多くは、距離計コロに干渉するため使えませんし、望遠レンズをライカの小さなファインダーフレームで使うより、高倍率な外付けファインダーを使う方が快適という考え方もできます。また、レンズ交換の度にLMリングも交換しなければならないというのも、操作の煩雑さがメリットを上回ってしまうような感があります。
 それよりも、多くのユーザーは、主にゾナーやテッサーなどの50ミリ標準レンズを、M型ライカで使いたがっているのだ、との判断から、Amedeoアダプター装着時のファインダーフレームは、50ミリに設定されています。
 戦前は1932年から、戦後は東西に分かれたツアイスで1960年代まで作られていた、ゾナーやテッサーの標準レンズは、その鏡胴の素材や仕上げ、コーティングの有無などに様々なバリエーションがあり、これらのレンズをM型ライカでスマートに使用するのに、Amedeoアダプターはとても適しております。
 また、フレーミングに外付けファインダー等をお使いいただく前提でなら、85mmや135mmのゾナー等、外爪マウントの魅力的なレンズ群も、距離計連動によるシャープな描写を生かした撮影が可能です。